国際学会/ワークショップ A/R/P 2021 報告者・発表者募集

国際学会/ワークショップ A/R/P 2021 報告者・発表者募集

国際学会A/R/P2021の報告者・発表者を募集します。発表の形式は、通常の学術発表に加えて映像や音、パフォーマンス、展示などの形式も受け付けます。原則として30分以内の発表としますが、そのほかの形式の場合はご相談ください。通常の学会ではできなかった野心的な発表の形式を期待しています。

NAKACHO ART SERIES 2021 #3

NAKACHO ART SERIES 2021 #3

仲町の家の端っこに位置する六畳間。そこはかつて住まいであり、また同時に茶室でもあったという。茶室では元来、身をかがめてにじり口を通り抜けるという身体動作が、その内において誰もが等しい関係であるということを約束した。ある場所が持つ意味は…

『ジャパノラマ』(水声社)刊行記念  長谷川祐子×小林康夫×星野太トークイベント 「日本の現代アートのパノラマ」

『ジャパノラマ』(水声社)刊行記念  長谷川祐子×小林康夫×星野太トークイベント 「日本の現代アートのパノラマ」

2017年にポンピドゥー・センター・メッスで開催された、「JAPANORAMA」展。「奇妙なオブジェ・身体――ポストヒューマン」「ポリティクスを超えるポエティクス」「やわらかで浮遊する主体性・極私的ドキュメンタリー」などの6つのテーマを群島のように配し、1970年以降の日本の現代視覚文化をパノラマとして描き出したこの展覧会は大きな反響を巻き起こしました…

音楽家と社会をつなぐ新プロジェクト「Music Bridge」Kick-off説明会を開催します!

音楽家と社会をつなぐ新プロジェクト「Music Bridge」Kick-off説明会を開催します!

2021年7月、東京藝術大学・桐朋学園大学の共同プロジェクト「Music Bridge」がスタートします。
両大学が、文化施設や小中学校などの教育機関、福祉施設等と連携しながら、地域文化の発展と地域社会の課題解決に取り組む音楽家を育成する、あたらしいプログラムです。
音楽専攻をはじめとする芸術系大学・学部の卒業生、公立文化施設の職員・関係者、アートマネージャー、コーディネーター…
どなたでも歓迎します。自分のことだと思ったら、まずはMusic Bridge Kick-offへ!…

『ニューNormal? Newノーマル?』

『ニューNormal? Newノーマル?』

コロナ禍における生活とメディアをテーマに、東京/グラスゴーの2都市で同時開催。Glasgow International招聘作品。パフォーマンス終了後、長谷川祐子氏(金沢21世紀美術館館長)と参加作家によるQ&Aトークセッションも開催…

新刊「ジャパノラマ――1970年以降の日本の現代アート」発売

新刊「ジャパノラマ――1970年以降の日本の現代アート」発売

本学の長谷川祐子教授編集の新刊「ジャパノラマ――1970年以降の日本の現代アート」が水声社より発売されました。2017年にポンピドゥー・センター・メッスで開催された「JAPANORAMA: NEW VISION ON ART SINCE 1970」展のフランス語版カタログに、多数の作品・展示写真を追加し、記録資料を大幅に増補した、待望の日本語版書籍です…

グローバル時代の芸術文化概論  クレア・ビショップ特別講義DAY1「情報オーバーロード:リサーチベース・アートとアテンションの政治学」

グローバル時代の芸術文化概論 クレア・ビショップ特別講義DAY1「情報オーバーロード:リサーチベース・アートとアテンションの政治学」

この度、東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科では、本研究科・開講科目「グローバル 時代の芸術文化概論」の一環で、美術史家及び美術批評家で、ニューヨーク市立大学大学院美術史科教授のクレア・ビショップ氏を招聘し、2日間に渡り講義を行います…

長谷川祐子教授が金沢21世紀美術館の館長に就任

長谷川祐子教授が金沢21世紀美術館の館長に就任

2021年4月より長谷川祐子教授が金沢21世紀美術館の館長に就任しました。長谷川教授は1999年より金沢21世紀美術館の立ち上げに携わり、2004年の開館時は学芸課長として、その後はアーティスティック・ディレクターも務め…

NAKACHO ART SERIES 2021  #2

NAKACHO ART SERIES 2021 #2

みんなで同じ歌を歌うことなく合唱を完成させることを目標に定め、あるひとつの歌の詞と音楽を解体し、六つの新しい歌を作り出す。 「あおば・あうと・おうと・おとうと・ばとう・げし」は新しい歌それぞれのタイトルである。全く嚙み合わない六つの音…