ジュリア・ブライアン=ウィルソン特別講義「 “アートワーカー”はどこにいる?——60年代アメリカの芸術、労働、ジェンダー」

ジュリア・ブライアン=ウィルソン特別講義「 “アートワーカー”はどこにいる?——60年代アメリカの芸術、労働、ジェンダー」

この講演会では、アメリカで2009年に出版され、『ニューヨークタイムズ』紙や『アートフォーラム』誌で年間最優秀書に選ばれたジュリア・ブライアン=ウィルソン著『アートワーカーズ————制作と労働をめぐる芸術家たちの社会実践』の待望の翻訳書の刊行を機に、著者のジュリア・ブライアン゠ウィルソン氏、戦後アメリカ美術の専門家である池上裕子氏、クィア/フェミニスト映画理論・批評を専門とする菅野優香氏をお招きし、訳者の高橋沙也葉氏、長谷川新氏、松本理沙氏、武澤里映氏とともに『アートワーカーズ』についてさまざまな角度から議論を行う予定です。

続きを読む
多言語音楽劇『The WORLD』ステージリーディングワークショップ

多言語音楽劇『The WORLD』ステージリーディングワークショップ

【多文化協働による多言語パフォーマンスプロジェクト】
このプロジェクトでは、世界各地から集まったメンバーが、それぞれの移民としての経験と多言語能力を活用し、創作プロセスに反映させた唯一無二のパフォーマンスを目指しています。

続きを読む
国際芸術創造研究科修士論文発表会2024

国際芸術創造研究科
修士論文発表会2024

2024年2月10日(土)~12日(月・祝)10:00~19:00(最終日のみ18:00まで)本年度は、千住校地にて13名の修了予定者(修士課程10名、博士課程3名)が3日間の論文発表を行います。学びの成果をどうぞご覧下さい。

続きを読む
トーク・交流イベント – 「日台における分野を跨いだ芸術実践について」

トーク・交流イベント - 「日台における分野を跨いだ芸術実践について」

台湾の国立高雄師範大学跨領域藝術研究所(Graduate Institute of Interdisciplinary Art, National Kaohsiung Normal University)の教授であり、アーティストの高俊宏(Kao, Jun-Honn)と研究所に在籍する学生や作家を招き、トークと交流会をおこないます。

続きを読む
対話と支え合いの評価手法 ピアレビュー実践報告会ー「地域のマイクロアートスペース」をテーマに語り合うー

対話と支え合いの評価手法 ピアレビュー実践報告会ー「地域のマイクロアートスペース」をテーマに語り合うー

「すみだ川アートラウンド・ハブ」は、隅田川流域7区(北区・足立区・墨田区・台東区・荒川区・江東区・中央区)を舞台にまちづくりや文化、アートにまつわる事業を展開するNPO、文化・芸術団体の評価(ピアレビュー)を通じたネットワークづくりをしています。「ピア」とは「同僚や仲間」のこと。「ピアレビュー」は自分たちと似たプロジェクトの視点を借りて自身を見つめ直す写し鏡のような評価方法です。令和4年度には「アウトリーチ」をテーマに隅田川流域で活動する4団体とピアレビューを実施しました。

続きを読む
アーバン山水β

アーバン山水β

GAの非常勤講師である近藤亮介先生の企画による展示とトークが下記の通り開催されます…

続きを読む
大巻伸嗣 「MEMORIAL REBIRTH 千住 2023 東加平」5年ぶりに開催決定!

大巻伸嗣 「MEMORIAL REBIRTH 千住 2023 東加平」5年ぶりに開催決定!

現代美術家・大巻伸嗣による「Memorial Rebirth(メモリバ)」は、無数のシャボン玉で見慣れたまちを光の風景に変貌させ、記憶を喚起するアートパフォーマンス。これまで千住・西新井で8回開催し、足立区の風物詩となりつつあるメモリバが、コロナ禍を経て東加平小学校にやってきます!

続きを読む
緊急企画 イスラエル・ハマス戦争をめぐる討議vol. 01

緊急企画 イスラエル・ハマス戦争をめぐる討議vol. 01

2023年10月7日にハマスによるイスラエル攻撃とそれに対する報復攻撃以降、パレスチナ
のガザ地区の戦況は悪化の一途を辿っています。10月18日現在イスラエル軍の地上戦準備
が報じられ、多くの民間人が犠牲となる危険が高まっています。このように事態に私たち
は何ができるのでしょうか。そもそもパレスチナ-イスラエル問題とは何なのでしょうか。

続きを読む