アートアクセスあだち 音まち千住の縁:大巻伸嗣「Memorial Rebirth 千住 2018 西新井」

アートアクセスあだち 音まち千住の縁:
大巻伸嗣「Memorial Rebirth 千住 2018 西新井」

無数のシャボン玉で見慣れたまちを光の風景に変貌させ、記憶を喚起するアートパフォーマンス「Memorial Rebirth」。これまで千住では7年間毎年開催し、地元の…

続きを読む
特別講義:アリシヤ・ロガルスカ「可能性のエクササイズ」

特別講義:アリシヤ・ロガルスカ
「可能性のエクササイズ」

千葉県・松戸市のアーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」に滞在中のアーティスト、アリシヤ・ロガルスカ(ポーランド)を迎えて特別講義を開催します。…

続きを読む
GAP × GA トークイベント 「Where Is A Border?」

GAP × GA トークイベント 「Where is a border?」

Borderとはいったい何か。それはどこにあり、どう向き合うべきなのかをGAPとGAの学生が議論します。

続きを読む
特別イベント 水族館劇場:藝術ではなく、藝能を-上野から山谷へ-

特別イベント 水族館劇場:藝術ではなく、藝能を-上野から山谷へ-

今回の特別イベント「藝術でなく藝能を-上野から山谷へ-」では、異形の演劇集団、水族館劇場を東京藝術大学にお招きして、あらためて、アートや芸術、表現、そしてそれをとりまく政治や経済、文化の状況を考えたい…

続きを読む
グローバル時代の芸術文化概論 特別講義ポーリン・J・ヤオ「M+ 香港:視覚文化が美術館と出会うとき」

グローバル時代の芸術文化概論 特別講義
ポーリン・J・ヤオ「M+ 香港:視覚文化が美術館と出会うとき」

ポーリン・J・ヤオは北京で実験的なオルタナティブ・アート・スペース「アロー・ファクトリー」を運営したのちにM+の準備に関わり、現在はビジュアルアート…

続きを読む
公開ラウンドテーブルシンガポールの文化政策とアーツセンター経営の実際

公開ラウンドテーブル
シンガポールの文化政策とアーツセンター経営の実際

ベンソン・プア氏、榎本広樹氏(新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ)、森隆一郎氏(渚と/nagisato 主宰)、林健次郎氏(愛知県芸術劇場)をお招きし、公開ラウンドテーブルを開催…

続きを読む
特別講義:江畠香希「サイケデリック映画」とは何か――その体験と映像の美学

特別講義:江畠香希
「サイケデリック映画」とは何か――その体験と映像の美学

60〜70年代のカウンターカルチャーを象徴するサイケデリズムは、文学、グラフィティ、音楽、絵画、ダンスなど多分野に影響をもたらしました。 映画では、デニス・ホッパー…

続きを読む
アートアクセスあだち 音まち千住の縁:三上亮/遠藤幹大「Under Her Skin」

アートアクセスあだち 音まち千住の縁:三上亮/遠藤幹大「Under Her Skin」

仲町の家を舞台にした映像・サウンドインスタレーション
— 私は家。私の中で起こっていることを外の人は誰も知らない —

続きを読む