オンライン展示 Alter-narratives ―ありえたかもしれない物語―

オンライン展示 Alter-narratives ―ありえたかもしれない物語―

オンライン展示 “Alter-narratives ―ありえたかもしれない物語―”は、東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科において、長谷川祐子教授監修のもと、キュレーションを専攻する国際色豊かな学生5 名が主体となり、一から展覧会を企画運営しながらキュレーションを学ぶための実践研究です。

オンラインイベント「Staying TOKYO 」に長谷川祐子教授が出演します/日曜美術館「オラファー・エリアソン展」

4月24日(金)の午後8時より、Rhizomatiks主催のオンラインイベント「Staying TOKYO 」に、本研究科教授の長谷川祐子先生が出演します。東京都現代美術館(MOT)にて個展が予定されているアーティストのオラファー・エリアソン氏との対談がストリーム中継され、アートを取り巻く現在の状況について新しいエコロジーの下におけるアートの可能性を語り合います。…

「THE 鍵 KEY」 第19回佐治敬三賞選出

「THE 鍵 KEY」 第19回佐治敬三賞選出

今年度、本研究科の修士課程を修了した山下直弥さんが企画・制作に携わった「THE 鍵 KEY」が、公益財団法人サントリー芸術財団による第19回佐治敬三賞に選出されました。「佐治敬三賞」は、「わが国で実施された音楽を主体とする公演の中から、チャレ…

「新しい文化政策」をつくるフォーラム

「新しい文化政策」をつくるフォーラム

本フォーラムでは、「Meeting アラスミ!」 理論編の連続講座「『新しい文化政策』を考える」、実践編の「アトリエ・ムジタンツ」、「野村誠『千住の1010人 in 2020年』の広域連携」の1年の活動報告をふまえ、各プログラムの開催地である三区…