photo_kumakura

アートマネジメント

熊倉純子

KUMAKURA Sumiko

21世紀において、芸術の役割はどのように変化してゆくのでしょうか?

これまで私は、芸術環境創造分野(音楽研究科音楽文化学)で多くの学生と研究を進めてきました。理論と実践を往還するのが私の研究室の特徴で、現場で学び、内外の理論を学び、経験と考察を修士論文にまとめてゆくなかで、学生個々人のオリジナルな視座を見出してゆくお手伝いをしています。

これまでの修了生たちは、美術、音楽、演劇、ダンス、映像など、ジャンルを問わず、新たなプログラムの開発や、政策提言につながるようなリサーチをおこなって、文化施設や芸術祭などの現場スタッフとして活躍したり、企業や行政に就職したりしています。

アートマネジメント以外の分野を学部で学んだ学生も数多く入学しており、入学後に本学の学部授業で基礎を学べますので、心配は不要です。また、アートマネジメントの研究アプローチの多様性を知るために、他大学とのインターゼミが行われ、異なるアプローチで学ぶ他大の学生たちとの交流も盛んです。

本学は実技を重んじる専門大学ですので、希望者は、私とともに実社会のなかで開催されるアートプロジェクトの現場で、スタッフとして実践的研鑽を積むことも可能です。アートプロジェクトは、アーティストのみならず、行政や企業、市民など多方面との折衝が必要で、大変難しい現場ですが、修了後にどのような芸術現場に携わることになっても、また、企業に就職する場合にも役立つ多くの経験を積むことができると思います。

新研究科では、これまでより飛躍的に国際性が高まります。欧米やアジアとの交流はすでに始まっておりますが、文化施設やアートセンター、プロジェクトや市民活動など、あらゆるレベルで、21世紀の社会における新たな芸術のありかたの模索と、それを促す政策が進んでいます。そうした状況を切り開く、若い力を、世界が求めているのです。

——
熊倉純子
パリ第十大学卒、慶應義塾大学大学院修了(美学・美術史)。(社)企業メセナ協議会を経て、東京藝術大学
教授。アートマネジメントの専門人材を育成し、「取手アートプロジェクト」(茨城県)、「アートアクセスあだち―音まち千住の縁」(東京都)など、地域型アートプロジェクトに学生たちと携わりながら、アートと市民社会の関係を模索し、文化政策を提案する。東京都芸術文化評議会文化都市政策部会委員、文化庁文化審議会文化政策部会委員などを歴任。監修書に『アートプロジェクト─芸術と共創する社会』、共編書に『社会とアートのえんむすび1996-2000──つなぎ手たちの実践』(共編)、共著に『「地元」の文化力―地域の未来のつくりかた』など。

photo_minoguchi

アートマネジメント

箕口一美

MINOGUCHI Kazumi

20世紀は、お金と、それがどう動くのか、どう動かすのかが人々の関心の中心になりました。それは、情けはひとのためならずという素朴なコミュニティ意識も、おてんとさまが見ているよという自然信仰のゆるやかな流れがつくった倫理観も、家族や地域の中で親から子へ手渡されていた生きるスキルと知恵も、すっかり吹っ飛ばしてしまったようです。少なくとも、目に見えないもの、形は定かでなくても確かにあるものに注ぐ眼差しと、かすかな畏れを次の世代に引き継いでいく機能が、身近な人と人との関係性から喪われてしまった危機感を感じています。これは芸術とよばれる人の営為の衰微にも繋がっています。見えないものに目を注ぐ力。アーツの創造者にも、享受者にも、この力が原動力のはず。

これが目の前にある、21世紀の現実だと考えます。地縁も血縁も希薄になって、わたしたちは、何に、どこに、「縁」を見いだしていけばいいのでしょう。アーツ縁?たぶん。

新研究科のアートプロデュース専攻は、ホールや劇場などのアーツセンター運営とそのコアになる創造・企画をバランスさせられる、本当の意味でのディレクターを養成する『ビジネススクール』となるべきだと思っています。

アーツ・マネジメントを志す人は、間違いなく何らかの動機と目的を持っているでしょう。「夢」と言い換えてもいいかも。ここでは、その夢を、醒めれば消える幻ではなく、しっかり目を見開いて実現させる訓練を受けることになります。ですから、ここで学ぶ人には、人と人とをつなぐものの綻びを丁寧に根気強く繕っていく辛抱強さと、その綻びを繕うアーツとアーティストたちへの尊敬と愛情、共感と協働を養ってほしい。同時に、アーツとアーティストを人々につなげる環境を整え、何かを実現させるためのあらゆる知識、技倆、そして知恵と勇気を身につけ、それらを巧みに操る冷静な頭脳を鍛えてほしい。

さて、どうするか、それはこの大学院でタンデムの相棒になる、未だ見ぬ学生たちとの遍歴を通して、追々わかってくるでしょう。ちょうどカザルスホールやサントリーホールが主催公演を持つ私立ホールとして未踏の領域に踏み出したときがそうだったように。

お目にかかるのを楽しみにしています。

——
箕口一美
1960年生まれ。1983年国際基督教大学教養学部人文科学科卒業。専門は音楽マネージメント。現在、サントリーホール プログラミング・ディレクター、上野学園大学音楽文化研究センター研究員。公演制作や海外からの招聘演奏家の日本ツアー制作を行う。クラシック音楽の普及プログラムに関心を持ち、アメリカの普及プログラムを研究、絵本と音楽の企画など、さまざまなアウトリーチ・プログラムを制作。地域創造主催「ステージラボ」、カザルスホール企画室「アウフタクト」、第一生命ホールオープニング・プロジェクト・プロデューサー、NPO「トリトン・アーツ・ネットワーク」ディレクターなどを歴任後、2006年より東京藝術大学大学院芸術環境創造分野講師として、演奏家のキャリア・マネージメント研究を進めている。訳書に、アンジェラ・M・ビーチング著「Beyond Talent 音楽家を成功に導く12章」など。

photo_hasegawa

キュレーション

長谷川祐子

HASEGAWA Yuko

キュレイトリアルは実践批評であり、理論と実践の間をたえず往還しながら、アートだけでなくさまざまな文化、社会事象を観察し、これを解釈し、展覧会の生産につなげます。それは美術史の生産であり、知の生産、観客の中に新たな知と感性を生産するきっかけをつくっていく行為でもあります。

私自身は美術史研究から始まり、現代美術との出会いをきっかけに、多くの作家たちと仕事をし、美術館のプロデュースや世界各国での国際展の企画を行なってきました。展覧会をつくる過程は、調査、企画、出品交渉、新作制作、展示、記録、カタログ制作を含み、展示内容を観客に伝えるための多くのコミュニケーションがこれに加わります。観察、思考、実践のほかに交渉や説明、プレゼンテーションなどのソーシャルな能力が必要とされます。とくに現代を対象とする場合は、現在形でたちあらわれる表現をとらえ、価値や文脈の中に落とし込む能力が問われます。例えば西欧圏で生まれた作品を日本で紹介するとき、その文脈や文化的背景の違いをどう解釈しなおして、伝えるのかという仕事も同じです。

グローバル時代にあってキュレーションの仕事やアートは重要さを増しています。まずキュレーターの仕事は”replace”––移動する、解釈、伝達すること––です。移動によって生まれる誤解は誤りというより、時として生産的な新解釈だったりもします。展示を介して観客とアートは互いを成長させる相互関係にあるのです。また、情報の消費と忘却の危機の中で、アートの通時性と共時性の要素は、現在の感性によって、歴史が発展継承的に琢磨されつづける文化の枠組みの支えとなっています。

この研究科では、まず新しい美術史、芸術論のあり方を探求します。1990 年代以降のアートの動きを概観する概論や、グローバル美術史の可能性を探る講義が予定されています。また、リサーチとキュレイトリアルを結びつけるために、初年度には、科学人類学・科学社会学の研究で知られるブルーノ・ラトゥール氏や、映像の専門家であり、リサーチをキュレイトリアルに生かすアンゼルム・フランケ氏の講義も予定し、社会学やメディア論などのリサーチの授業が役立つでしょう。近代以前の日本、西洋美術史などを補強したい人は学部の授業を活用することもできます。 演習では実際に展覧会企画に必要なリサーチ、コンセプトづくり、展示計画に必要な知識としてライティングやディスプレイの専門家をゲスト講師に招くミュゼオグラフィ研究、新作プロダクション研究などを経て、小規模な展覧会企画を行なうことを予定しています。カタログや印刷物制作、トーク企画などの演習もあります。アートの可能性を拡張すること、世界を知ること、感じ、思考することを促し、新たなコミュニケーションと知の生産につなげていくために、2年間でできることをプログラムしています。リサーチやマネジメントの授業をあわせて活用することによって、世界に通用するキュレーターや批評家、美術史の専門家を育てることがこの研究科の役割と思っています。

——
長谷川祐子
キュレーター/美術批評。京都大学法学部卒業。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。水戸芸術館学芸員、ホイットニー美術館客員キュレーター、世田谷美術館学芸員、金沢21世紀美術館学芸課長及び芸術監督、東京都現代美術館チーフキュレーターを経て、現在、同館参事。主な企画展・国際展に、第7回イスタンブール・ビエンナーレ「エゴフーガル」(2001年)、金沢21世紀美術館開館記念展「21世紀の出会い──共鳴、ここ・から」(2004 ~ 05年)、「マシュー・バーニー:拘束のドローイング」(2005 ~ 06年)、「SPACE FOR YOUR FUTURE アートとデザインの遺伝子を組み替える」(2007 ~ 08年)、「ネオ・トロピカリア ブラジルの創造力」(2008~09年)、「建築、アートがつくりだす新しい環境」(2009~10年)、第11回シャルジャ・ビエンナーレ「re-emerge, toward a new cultural cartography(リ・イマージ: 新たな文化地図をもとめて)」(2013年)など。主な著書に、『キュレーション 知と感性を揺さぶる力』、『「なぜ?」から始める現代アート』など。

photo_sumitomo

キュレーション

住友文彦

SUMITOMO Fumihiko

一言でいうと、キュレーターとはいつも答えのない問いについて粘り強く考え続け、そうした他者の行為に寄り添うような仕事ではないかと思っています。作家が表現することも同様に、解決や結論を出せないことと向かい合うことであり、それへの応答もひとつではないからです。

だから、一つのディシプリンのもとで答えを求めようとするサイエンスとは異なると考えてもらう方がいいのではないかと思います。知識を元に論文を書くだけでなく、人や物を相手に多元的な価値観の間を行き来することができる能力をむしろ必要とします。これは学問としての方法論を学んだり、職務として課せられるものではなく、もしかしたら生き方や態度と言ってもいいのかもしれません。

私自身20代の頃は、映画、音楽、パフォーマンス等も美術と等しく接してきました。また1990年代の終わり頃からは、ビデオやコンピュータ、ネットなどの新しいメディアが表現に与える影響に関心を持ち、展覧会の企画などをしてきました。あるいは、こうした動向の先駆けとも言える前衛芸術運動の研究や展覧会の企画もおこなっています。

最近では新しい美術館の開設を通して、地域社会と美術の関係が国内で変わりつつあることを実感しています。例えば美術館の外で展開されるアートプロジェクトに関わる地域の人たち、その動向に対する批評的な位置づけ、後押しする資金や政策など、ステークホルダーや価値観の変化を強く感じます。

また、この仕事をはじめてすぐに西欧中心の美術の世界に大きな変化が生じたので、東欧、中国や韓国などアジアの美術にも強く関心を持ち、作品や作家と関わり続けています。

現代において「グローバル」と述べることの意味は何でしょうか。ひとつの規範が今も強くマーケットや権威を占めている現状は変わらなくありますが、実際には大きな地盤の変化が生じています。その音をどう聴き分けることができるか、それがこの新しい研究科の大きな役割ではないかと考えています。

——
住友文彦
1971年生まれ。キュレーター。東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。金沢21世紀美術館建設事務局、ICC/NTTインターコミュニケーションセンター、東京都現代美術館などを経て、現在、アーツ前橋館長。NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]共同設立人。主な企画展・国際展に、「ヨコハマ国際映像祭2009」、共同企画展に「メディア・シティ・ソウル2010」、「別府現代芸術フェスティバル2012 混浴温泉世界」、「あいちトリエンナーレ2013」、「白川昌生」展、「小泉明郎」展など。主な共著に、『21世紀における芸術の役割』、『キュレーターになる!』、共編著に『From Postwar to Postmodern, Art in Japan 1945-1989: Primary Documents』など。

photo_edagawa

リサーチ

枝川明敬

EDAGAWA Akitoshi

芸術に親しみ、文化活動に参加することは、いわゆるプロ倫でいわれた時間合理主義とは相容れない行為で、「消費過程」を楽しむことに価値があります。そうはいっても、芸術家の独りよがりによらず聴衆や鑑賞者と一緒に行う芸術活動が重要です。ここでは、そのような芸術、文化と社会の関係を一緒に学びたいと思います。

——
枝川明敬
文化経済学者。名古屋大学工学部卒業。工学博士(名古屋大学,建築学)。経済学修士(筑波大学)。文部省(現文部科学省)、総務庁(現総務省)大臣官房、科学技術庁(現文部科学省)科学技術政策局、文部省高等教育局視学官、文化庁地域文化振興室長、文部省大臣官房企画調整官、埼玉大学大学院政策科学研究科助教授、政策研究大学院大学助教授、国立情報学研究所助教授、名古屋大学教授を経て、現在、東京藝術大学教授、名古屋大学客員教授。専門は、地域/公共圏と文化資源、文化政策、地域創造。主な著書に『文化芸術への支援の論理と実際』、『新時代の文化振興論──地域活動と文化施設を考える』、『文化芸術への支援の論理と実際』、共著に『文化政策概論』、『文化会館通論』、『美術館政策論』、『文化経済学』、『COMPARING Cultural Policy』など。

photo_mori

リサーチ

毛利嘉孝

MŌRI Yoshitaka

「危機」の時代に

21世紀に入り、私たちは時代の転換期に立っています。芸術や文化も例外ではありません。グローバリゼーション。政治や経済の変容。テクノロジーの発展。こうした出来事が絡まり合いながら、新しい芸術文化のあり方が生まれつつあります。

もちろん、現状を過度に楽観視することはできません。この新しい時代は、「危機」の時代でもあります。グローバリゼーションにせよ、新しい資本主義にせよ、飛躍的に発展するテクノロジーにせよ、私たちの生活を必ずしも幸せにしてくれるという保証はどこにもありません。芸術や文化、そしてそれを取り巻く人文学社会学な知識もまたこの新しい時代の圧力の下で、厳しい危機に直面しています。けれども、この危機とは、単にすべてが崩壊した行止まりの地点ではありません。イタリアの政治思想家グラムシが指摘しているように、「危機」とは、重層的な状況の中で新しい文化的、政治的、経済的編成を生み出すための批判的/決定的な契機でもあります。

この危機の時代に「知性のペシミズム、意志のオプティズム」の精神で、一緒に新しい芸術や文化のあり方を考える人を私の研究室では求めています。とりわけ、トランスナショナルな視点を持ち、理論から実践まで幅広く領域横断的な研究活動のできる人に来てほしいと私たちは考えています。

私の研究室では、社会学、文化研究・メディア研究を基盤にしながら、芸術と文化の研究と教育を行っています。具体的には、現代美術の社会との関わり、近代化とポスト近代化、現代メディア文化理論、批判的創造産業論、都市文化の変容、社会運動論、アジアの比較文化研究などが研究テーマの例ですが、これ以外にも新しい研究テーマを持ち込みたい人ももちろん大歓迎です。

いずれにしても少人数の教育なので、通常の講義や文献講読と別に学生の研究テーマに合わせて個別の教育プログラムを作っていくことになります。この「危機」の時代の新しい芸術と文化を創造するために一緒に学び、考え、行動する人にぜひ来てほしいと思っています。

——
毛利嘉孝
1963年長崎県生まれ。社会学者。文化/メディア研究。京都大学経済学部卒。ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジPh.D(. 社会学)、MA (メディア&コミュニケーションズ)修了。九州大学を経て現職。特にポピュラー音楽や現代美術、メディアなど現代文化と都市空間の編成や社会運動をテーマに批評活動を行う。主な著書に『文化=政治 グローバリゼーション時代の空間叛乱』、『ストリートの思想 転換期としての1990年代』、『はじめてのDiY』、『増補 ポピュラー音楽と資本主義』、共著に『入門 カルチュラル・スタディーズ』、『実践 カルチュラル・スタディーズ』、『現代思想入門 グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!』、『ネグリ、日本と向き合う』など。編著に『アフター・テレビジョン・スタディーズ』など。