特別講義「デジタル時代の新聞批評の役割と次世代の書き手育成について」

日時:2016年10月7日(金)10:00〜11:30
会場:東京藝術大学上野キャンパス 箕口研究室(音楽学部1号館2階22)
ゲスト講師:マーク・スウェッド氏 (音楽ライター・ロサンジェルス・タイムズ紙の文化部音楽担当)
司会:箕口一美
テーマ:「デジタル時代の新聞批評の役割と次世代の書き手育成について」
言語:英語のみ(通訳なし)
聴講可

プロフィール
マーク・スウェッド|Mark Swed
ロサンジェルス・タイムス、ウォールストリート・ジャーナルのヘラルド・エグザミナーのクラシック音楽批評を担当。また、ニューヨーク・タイムズ、ニューヨーカー、エコノミストなど、アメリカ国内外の新聞雑誌へ多くの記事を寄稿している。

Date: Fri, October 7, 2016
Time: 10:00〜11:30
Place: Minoguchi Laboratory, Ueno Campus, Tokyo University of the Arts
Guest Speaker: Mark Swed
Theme:The roles of newspaper critics expected in the digital age, focusing the future and next generations
Moderator: Kazumi Minoguchi
Language: English only (no translation available)
All welcome.

Profile:
Mark Swed has been the Los Angeles Times classical music critic since 1996. Before that, he was a music critic for the Los Angeles Herald Examiner, The Wall Street Journal, and 7 Days in New York. He has also contributed to The New York Times, The New Yorker, The Economist, and many other national and international publications.