第12回表象文化論学会大会

※本研究科の住友文彦准教授が館長を務めるアーツ前橋にて表象文化論学会が開催されます。

日時:2017年7月1日(土)/7月2日(日)
場所:アーツ前橋、シネマまえばし、前橋市中央公民館
会費:会員=無料/非会員=1,000円(シンポジウムは無料公開)
事前予約不要

問い合わせ先:表象文化論学会第12回大会実行委員会
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1 東京大学総合文化研究科表象文化論研究室内
FAX 03-5454-4336
E-mail conference@repre.org
URL http://www.repre.org/

*3つの会場は隣接しています。当日は、前橋市中央公民館(前橋市本町2-12-1 前橋プラザ元気21内)5階に設ける大会受付にまずお越しください。http://www.city.maebashi.gunma.jp/shisetsu/441/p007213.html

*プログラムは予告なく変更されることがあります。
詳細及び最新情報は表象文化論学会ホームページ(http://www.repre.org/)をご覧ください。

プログラム:

7月1日(土)
13:30­-15:30 シンポジウム 場所:シネマまえばし
開会の挨拶:住友文彦(アーツ前橋)

シンポジウム「パフォーマンスと/しての展示」
門林岳史(関西大学)
中島那奈子(ダンス研究、ダンスドラマトゥルク)
星野太(金沢美術工芸大学)
三輪健仁(東京国立近代美術館)
司会:加治屋健司(東京大学)

16:00­-18:00 研究発表(1日目) 
場所:前橋市中央公民館5階501〜504学習室(パネル4のみ17:30まで)

パネル1 聴取をつくる──聴覚/音響文化の諸場面(501学習室)
・「環境」からの逸脱──1970年代日本の現代美術における音響技術/金子智太郎(東京藝術大学)
・ モジュレーションと音像──S・P・トンプソンの両耳聴研究をめぐって/福田貴成(首都大学東京)
・ 労働歌の構造と身体動作──野沢温泉村道祖神祭りの胴突唄/細馬宏通(滋賀県立大学)
【コメンテーター】大橋完太郎(神戸大学)
【司会】金子智太郎(東京藝術大学)

パネル2 日本映画におけるマイナーの系譜──クィア理論を拠りどころにして(502学習室)
・2010年代の日本映画においてゲイ男性を描写すること/演じることについて/久保豊(京都大学)
・ 小津映画をクィアする──『彼岸花』にみるモノたちの潜勢力/伊藤弘了(京都大学)
・ 『夏子の冒険』における娯楽的演出と女性表象/須川まり(奈良県立大学)
【コメンテーター】ミツヨ・ワダ・マルシアーノ(カールストン大学)
【司会】木下千花(京都大学)

パネル3 インタラクティブなメディアを導入した国際コミュニケーション(503学習室)
・映像と他者理解──アイヌ民族を例に/亀田裕子(ロンドン大学東洋アフリカ研究学院)
・プラットフォームとアトラクション・マネジメント──ユーザーの視点・視線管理/難波阿丹(聖徳大学)
・日本と韓国の大学でのグローバル教育の現状──ニューメディア利用を中心に/李ウォンギョン(上智大学)
【コメンテーター】米山かおる(首都大学東京)
【司会】李ウォンギョン(上智大学)

パネル4 民話・伝説・言い伝え・都市伝説が表象する「場所」のありようについて(504学習室)
・炭坑記録画家・山本作兵衛が描いた『ヤマと狐』が表象するもの/鳥飼かおる(九州大学)
・「裏日本」の美学と地域の表象/アレクサンダー・ギンナン(鳥取大学)
【コメンテーター】向後恵理子(明星大学)
【司会】向後恵理子(明星大学)

18:30-21:00 学会賞授与式および懇親会(会員および同伴者のみ) 
場所:旧白井屋ホテル1階

7月2日(日)

10:00-12:00 研究発表(2日目午前) 
場所:前橋市中央公民館5階501〜504学習室

パネル5 芸術の自然史──無機的なものの生命化の位相(501学習室)
・アナロジーから分類へ──啓蒙主義時代の建築理論と自然史におけるモルフォロジー/小澤京子(和洋女子大学)
・ 水晶とカテドラル──ヴィオレ・ル・デュクの構造概念/後藤武(後藤武建築設計事務所)
・ 結晶、機械、芸術作品──ジル・ドゥルーズ「非有機的生命」概念の対象における差異と反復/石岡良治(青山学院大学)
【コメンテーター】岡田温司(京都大学)
【司会】後藤武(後藤武建築設計事務所)

パネル6 エンボディード・ポストヒューマニズム(503学習室)
・ポストヒューマン的身体としてのゾンビ/福田安佐子(日本学術振興会/京都大学)
・身体の拡張と身体改造──ポストヒューマン化はどこまで可能か/大貫菜穂(京都造形芸術大学)
・身体解釈と医療実践の共進化──近代日本の非正統医療における近代以降の身体/田野尻哲郎(東京大学)
【コメンテーター】小泉義之(立命館大学)
【司会】篠木涼(立命館大学)

パネル7 戦争というトポス──占領から解放へ(504学習室)
・「ペンを持つ手」グループの出版物におけるテクストとイメージ/進藤久乃(松山大学)
・ジャン・ポーランにおける政治と文学──対独協力作家の粛清をめぐって/門間広明(早稲田大学)
・サミュエル・ベケットの人間論/菊池慶子(早稲田大学)
【コメンテーター】安原伸一朗(日本大学)
【司会】千葉文夫(早稲田大学)

13:00-13:45 総会(会員のみ) 
場所:前橋市中央公民館5F 501+502学習室

14:00-16:00 研究発表(2日目午後1) 
場所:前橋市中央公民館5階501〜504学習室

パネル8 荒川修作+マドリン・ギンズ──22世紀の身体論にむけて(501学習室)
・荒川+ギンズと体験過程理論──意味創造の基盤について/三村尚彦(関西大学)
・22世紀の身体論 荒川+ギンズとともに──受容し変化する能力としての主体性/染谷昌義(高千穂大学)
・切り閉じという技術──荒川・ギンズの手続き的知の試み/稲垣諭(東洋大学)
【コメンテーター】小林康夫(青山学院大学)
【司会】門林岳史(関西大学)

パネル9 事件、捜査、物語──警察の表象(503学習室)
・写真と「真実」──犯罪捜査の歴史を手がかりに/橋本一径(早稲田大学)
・自殺の「発見」と変容──警察と死の社会的意味の歴史と現在/貞包英之(立教大学)
・公安とは何か──事件の不在と透明な組織/熊木淳(尚美学園大学)
【コメンテーター】高桑和巳(慶應義塾大学)
【司会】橋本一径(早稲田大学)

パネル10 映画をきく──スタジオ・システム崩壊までの日本映画の音楽(504学習室)
・浪曲映画と戦前日本の映画音楽/ 柴田康太郎(早稲田大学)
・ 小津安二郎『麦秋』におけるオルゴール音楽/正清健介(日本学術振興会/一橋大学)
・ 戦後日本映画のスタジオ・システムと音楽家──作曲家・芥川也寸志を例に/藤原征生(京都大学)
【コメンテーター】仁井田千絵(早稲田大学)
【司会】正清健介(一橋大学/日本学術振興会)

16:30-18:30 研究発表(2日目午後2) 
場所:前橋市中央公民館5階501〜504学習室(パネル11のみ19:00まで)

パネル11 萩原朔太郎の表象空間──その百年(501学習室)
・『月に吠える』と戦争──日露戦後/世界戦争期文学としての『月に吠える』/安智史(愛知大学短期大学部)
・萩原朔太郎の〈天上〉志向――〈光〉〈闇〉そして〈影〉/勝原晴希(駒澤大学)
・「青猫・以後」と郷愁――「のすたるぢや」の歴史性/熊谷謙介(神奈川大学)
・文化としての〈手品〉と萩原朔太郎の詩学/栗原飛宇馬(萩原朔太郎研究会)
【コメンテーター】田中純(東京大学)
【司会】松浦寿輝(東京大学名誉教授)

パネル12 人新世/アントロポセンと人文科学(503学習室)
・「ポスト」から「クトゥルフの世」へ――ハラウェイにおける人間概念批判と連帯/猪口智広(東京大学)
・ダークインフォメーション――超人世あるいはポストニヒリズムの倫理感性的方便/原島大輔(東京大学)
・計算的理性と直観の盲点――1930年代のエピステモロジー的形象をめぐって/セバスチャン・ブロイ(東京大学)
【コメンテーター】北野圭介(立命館大学)
【司会】飯田麻結(ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ)

パネル13 芸術家と自己表象(504学習室)
・そして彼は神話になった──芸術家のイメージ形成における評論・伝記の寄与/片桐亜古(札幌大谷大学)
・ ジョルジョ・モランディの自己表象──チェーザレ・ブランディ「モランディの歩み」を通して/遠藤太良(京都大学)
・ 古典理解の顕示を通した自己イメージ戦略──Ch゠V・アルカンによるモーツァルトへの言及を例に/村井幸輝郎(日本学術振興会/京都大学)
【コメンテーター】岡本源太(岡山大学)
【司会】杉山博昭(早稲田大学)