研究会
「変容する創造都市:
ロンドン・東京、二つのオリンピック都市の現在を考える」

2020年のオリンピックに向けて東京の都市空間はどのように変化するのだろうか。2014年のオリンピックから4年が経過したロンドンの都市空間を参照しつつ、都市と文化、芸術、グローバル化の変容を検討する。

日 時:2016年4月9日(土)
時 間:14:00〜16:00
場 所:東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科上野院生室
東京藝術大学上野キャンパス大学会館2F
(上野キャンパス音楽学部正門を入って右手。学生食堂「キャッスル」の上)

問題提起者:マイク・フェザーストーン(ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ教授)
吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授)
毛利嘉孝(東京藝術大学大学院国際芸術研究科教授)
討論者:玉利智子(ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ講師)

マイク・フェザーストーン
マイク・フェザーストーン
吉見俊哉
吉見俊哉
毛利嘉孝
毛利嘉孝
玉利智子
玉利智子

主 催:東京藝術大学大学院国際芸術研究科
ロンドン・東京都市研究プロジェクト

入場無料 予約不要。どなたでも参加できます。

*研究会は英語/日本語で行われます。特に通訳はありませんが、必要に応じて抄訳などを行います。これまでの研究会については以下のHPをご参照ください。

http://tokyo-london-studies.jimdo.com/
お問い合わせ:mouri@fac.geidai.ac.jp