特別講義
柳幸典 講演会

日時: 2017年5月23日(火)18:30〜20:00
場所: 東京藝術大学上野キャンパス 美術学部 中央棟第2講義室
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
講師: 柳幸典[美術作家]
司会: 毛利嘉孝[東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授]
*申込不要。どなたでもご参加いただけます。

概要:
現代美術作家の柳幸典さんをお招きして特別講義を開催いたします。柳氏は、砂絵としてつくられた国旗の間を蟻が行き交うことによって国旗が崩れていく連作《ザ・ワールドフラッグ・アンド・アントファーム》をはじめ、近代を形作っている国家や民族、人種や文明などの枠組みをラディカルに問い直す作品によって、国際的に知られている現代美術作家です。近年は瀬戸内海を拠点として、「犬島精錬所美術館」のプロジェクトなど、地域に見ることができる日本やアジアの近代化の問題を独自の視点で鋭く考察し、さまざまなアートプロジェクトを立ち上げ、展開しています。そのスケールの大きな視野にもとづく一連のプロジェクトは、現代美術のみならず広く社会や政治を捉え直すプロジェクトとしてたえず注目されてきました。昨冬には、横浜・BankArt Studio NYKでこれまでの作品やプロジェクトを紹介する個展「柳 幸典〜ワンダリング・ポジション」が開催され大きな話題を呼びました。
今回、氏をお招きし、これまでの活動を振り返りつつ、現在進行形のプロジェクト、そしてこれからの活動を語っていただきます。

yanagi

講師略歴:
柳幸典 Yukinori YANAGI
1959年福岡県生まれ。広島県尾道市在住。武蔵野美術大学大学院造形研究科卒業。1990年、イエール大学スクール・オブ・アート・アンド・アーキテクチャー大学院彫刻科に奨学金を得て渡米、ビト・アコンチ、フランク・ゲーリー等に師事する。1993年第45回ベニス・ビエンナーレ、アペルト部門受賞。テート・ギャラリーやニューヨーク近代美術館など多くの美術館に作品が収蔵されている。

お問い合わせ: 
国際芸術創造研究科教員室
開室時間(上野): 10:00~19:00 (月・木・金)
電話(上野): 050-5525-2725
開室時間(千住): 10:00~19:00 (火・水)
電話(千住): 050-5525-2732
info-ga(at)ml.geidai.ac.jp