連続レクチャー 「グローバル時代のアート・都市・コミュニティ」

15009637_001表

15009637_001裏

グローバル時代を迎えた今日。そのなかでのアート、都市、そしてコミュニティはいかなる変化をみせるのでしょうか。国外で活躍する社会学者、シアターキュレーター、キュレーターを招いて、全3回の連続レクチャーを開講します。3つの異なるアプローチから、世界の状況を捉える多角的な視座の獲得を目指します。

第1回目

日時:2016年7月1日(金)
時間:18:00~20:00
場所:東京藝術大学 上野キャンパス5-109教室
講師:ローレンス・グロスバーグ(ノースカロライナ大学教授)※
   毛利嘉孝(東京藝術大学教授)

※講座内容の変更について

講師のローレンス・グロスバーグ氏が体調不良のため、来日が叶わなくなりました。講座当日は米国よりスカイプまたはビデオにて参加予定です。
また、グロースバーグ氏に加え、日本研究家のアン・アリスン氏(デューク大学教授)も講師としてお招きいたします。

アン・アリソン|プロフィール
米国デューク大学教授。専門は文化人類学。日本の現代文化に関する研究多数。
主著に『菊とポケモンーグローバル化する日本の文化力』新潮社、2010年(原題:Millennial Monsters: Japanese Toys And the Global Imagination, University of California Press, 2006) など。

第2回目

日時:2016年7月23日(土)
時間:16:00~18:00
場所:東京藝術大学 千住キャンパス第7ホール
講師:ジェームス・タイソン(シアターディレクター)
   熊倉純子(東京藝術大学教授)

第3回

秋開催予定
講師:アンセルム・フランケ(キュレーター)
   長谷川祐子(東京藝術大学教授)

助成:文化庁 平成28年度大学を活用した文化芸術推進事業「&G – グローバル時代のアートプロジェクト」

BKR_daigaku_1_0122