テクノロジーは常に音楽を変容させています。このことは、新しいテクノロジーが、新しい表現方法や音色を付け加えるということを意味しているだけではありません。むしろ新しいテクノロジーは、「音楽」というカテゴリーを変容させ、音楽を取り巻く環境や身体、そしてその社会的な関係を変化させます。

 とりわけ、ここで重要な役割を果たすのが五感の変容です。「音楽」とは一般に信じられているように「聴覚」をめぐる芸術の形式ではありません。少しでも楽器を演奏したことがある人はわかるように、演奏は耳ではなく手や足、口や鼻などの五感を総動員して行われるものです。音楽を「聴覚」に閉じ込めようという言説は、音楽の本来の感応的な身体性を消去し、受動的なリスナーへと人々を還元しようというものです。

 テクノロジーを用いた音楽は、私たちに新しい身体と機械との関係をもたらします。今回のワークショップでは、21世紀の新しい音楽を考える際に、動向としてはまだはっきりと可視化されていない二つの音楽の様式を紹介したいと思います。それは、ライヴコーディングとモジュラーシンセサイザーです。

 この二つの様式は、その方向性は真逆でありながら、コンピュータのプラットフォームやアプリケーション、ソフトウェアに巧妙に制御され、マニュアル化されつつあるテクノロジーと音楽のオルタナティヴな関係、特に新しい身体感覚を生み出すものとして期待されています。今回のワークショップでは、この二つの新しい様式を切り開きつつある野本直輝と岡千穂をゲストに迎え、実演を体験しながら、21世紀の音楽とテクノロジー、そして、身体のあり方を議論したいと思います。

毛利嘉孝

 

Technology is continuously transforming music. This does not only mean that new technologies add new ways of expression or new tones. But rather, new technology transforms the category of “music” and changes the environment, the body, and the social relationships that surround it.

In particular, it is the transformation of the senses that plays an important role here. Music is not an “auditory” art form, as is commonly believed. As anyone who has played an instrument for even a short time knows, music is played not by the ears, but by all five senses: hands, feet, mouth, and nose. The discourse of confining music to the “auditory” is an attempt to erase the inherently sensitive physicality of music and reduce people to passive listeners.

Music with technology brings us a new relationship between the body and the machine. In this workshop, we would like to introduce two styles of music that have not yet been clearly visualized as trends when considering the new music of the 21st century: live coding and modular synthesizers.

These two styles are opposite in their direction, but are expected to create an alternative relationship between technology and music, especially a new sense of the body, which is being cleverly controlled and manualized by computer platforms, applications, and software. In this workshop, we invite Naoki Nomoto and Chiho Oka, who are developing these two new styles, as guests to discuss the relationship between music, technology, and the body in the 21st century through hands-on demonstrations.

Yoshitaka Mōri

 

日 時:2021年4月27日(火)14:00-17:00
場 所:東京藝術大学千住キャンパス・スタジオA
YouTube:https://youtu.be/5v6Mb3aPntY
*スタジオ参加は音楽学部音楽環境創造科、大学院国際芸術創造研究科の学生に限ります。
主 催:音楽学部音楽環境創造科/大学院国際芸術創造研究科毛利嘉孝研究室
司 会:毛利嘉孝(東京藝術大学・教授)
講 師(パフォーマンス):野本直輝, 岡千穂

Date and time: April 27 (Tue), 2021 14:00-17:00
Venue: Studio A, Senju Campus, Tokyo University of the Arts
YouTube: https://youtu.be/5v6Mb3aPntY
* Studio participation is limited to students of the Faculty of Music, Department of Music Creativity and Environment (MCE), and the Graduate School of Global Arts(GA).
Organized by: Department of Music Creativity and Environment, Faculty of Music / Graduate School of Global Arts Yoshitaka Mōri Lab.
Moderator: Yoshitaka Mōri (Professor, Tokyo University of the Arts)
Guest Lecturers (Performance): Naoki Nomoto and Chiho Oka

 

講師プロフィール|Profiles

野本直輝|Naoki Nomoto

東京をベースに活動している電子音楽家ならびにプログラマ。モジュラーシンセサイザー奏者であるが TidalCycles や SuperCollider を使ったライブコーディングによる演奏も行う。プログラミングによる音楽のイベント Algorave Tokyo を主催する一員でもある。また fuelphonic, algo ruidoso, paralyzed, TCS, unconscious disharmonic malfunction, no sleeves などといったユニットでの活動も行っている。

Naoki Nomoto is an electronic musician and programmer based in Tokyo, Japan. He is a modular synthesizer player and also live coder playing TidalCycles and SuperCollider. He also participates in organizing Algorave Tokyo. And he belongs to some bands are fuelphonic, algo ruidoso, paralyzed, TCS, unconscious disharmonic malfunction, no sleeves and more.

Website: http://www.naokinomoto.com/

 

岡千穂|Chiho Oka

岡 千穂は、東京を中心に活動するアーティストである。コンピューターミュージックや実験音楽の領域での経験から編み出される、アルゴリズミックな可変性や人間の身体の操作を探求する遊びをプレイする。作品は主にパフォーマンス、音楽、ミクストメディア、映像。キーワードはソフトウェア、オートメーション、サウンド。 映像研究科メディア映像専攻修了。現在、国際芸術創造研究科教育研究助手。

Chiho Oka is an artist based in Tokyo. She plays a game exploring algorithmic variability or regularities for manipulating human behaviors, conceived from her experience in computer + experimental music. She works mainly in performance, music, mixed media installation, and video. Graduated from the Department of Film, Graduate School of Film and New Media. Currently a research assistant at the Graduate School of Global Arts. Keywords: Software, Automation, Sound