特別ワークショップ:グローバル時代の芸術文化概論
マイケル・スペンサー
「Sound Thinking: 音楽から世界を見てみたら」

GA1年生必修科目「グローバル時代の芸術文化概論」にて、ヴァイオリニスト(元ロンドン交響楽団)であり、エデュケーター、ファシリテーターのマイケル・スペンサー氏をお招きして、特別ワークショップ型授業「Sound Thinking」を開催します。氏の音楽ワークショップを体験したあと、受講者、教員を交えてのリフレクション&ラウンドテーブル・ディスカッションも予定しています。他学科・研究科からの参加も歓迎します。

*参加無料。要申し込み。各回定員10名。申し込み多数の場合は抽選になります。
以下のウェブサイト内応募フォームよりお申し込みください(締切:2017年10月1日)
https://goo.gl/anqnQc

PART 1: 音楽×美術のワークショップとリフレクション
日時:10月8日(日) 13:00〜17:30
場所:東京藝術大学 千住キャンパス 第7ホール
*授業は英語で行われます。通訳はありません。

PART 2: 教育プログラムとしての音楽ワークショップとラウンドテーブル
日時:10月10日(火) 13:00〜17:30
場所:東京藝術大学 千住キャンパス 第7ホール
*授業は英語で行われます。逐次通訳有り。

michael_omotenew

michael_uranew

講義アブストラクト:
音楽という言葉に説明は不要だと思ってはいないだろうか。あなたが語る音楽は、ほかの人が思う音楽と同じだろうか。音楽は、言葉にならないことを伝えるコミュニケーションツールだと思ってはいないだろうか。では、どのようにして、音楽はコミュニケーションしているのだろうか。そこに伝えるためのルールは存在しないのか。このワークショップでは、今までとは違う見晴らしの広さをもって、とくに「クラシック」と呼ばれる音楽にアプローチし、先入観や特権意識に隔てられ、敬遠されてきたこの種の音楽の素顔にじかに接するチャンネルを拓く試みを行う。

講師略歴:
マイケル・スペンサー Michael SPENCER
エデュケーター、 ファシリテーター、元ロンドン交響楽団ヴァイオリン奏者、元英国ロイヤル・オペラハウス教育部門部長。世界各地で教育・地域・人材育成プログラムを開発・実践する。映画『ピーターと狼』(2008 年アカデミー賞短編アニメ部門賞受賞作品)教育ディレクター。日本でも、20年ほど前より、プロのオーケストラとの共同活動を開始し、2009年より、上野学園大学にて「音楽ワークショップ・ファシリテーター養成講座」を開講。一般社団法人Future Center Alliance Japanや、富士ゼロックス, ジェイフィールなどの企業における音楽ワークショップも多数実施。現在、上野学園大学客員教授、日本フィルハーモニー交響楽団コミュニケーション・ディレクターも務める。

主催:東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科箕口一美研究室

お問い合わせ:
東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻教員室
開室時間(上野): 10:00~19:00 (月・木・金)
電話(上野): 050-5525-2725
開室時間(千住): 10:00~19:00 (火・水)
電話(千住): 050-5525-2732
info-ga(at)ml.geidai.ac.jp